刺繍募金
2008年春からプロジェクトを開始。
ご家庭に眠っている刺繍糸や布を寄付してもらい、
それを使って刺繍作品を製作し、
その売り上げを全額募金させて頂きます。

2008年は、募金全額をJIM-NETに募金
2009年は、JIM-NETとガザ支援への募金を予定しています。


刺繍糸、布、手芸品の寄付歓迎!
随時受け付けています。

プロジェクトに参加(刺繍、ミシン縫製)を
手伝ってくれるボランティアさんも募集中です!



【ドウアの花プロジェクト】

2007.1.2にイラク南部の街「バスラ」で
ガンのために亡くなったドウア・ハッサンちゃん(享年9歳)の
描き残した花の絵を刺繍し、募金を集めています。

ドウアのように貧困地区に住んでいるガンや白血病の子どもたちが
適切な治療を受け、学校(院内学級)で勉強が続けられるように応援を続けていきたいからです。

花1つの刺繍につき500円から(上限なし。お気持ちでお願いします)
頂いた募金は全額JIM-NETに募金させて頂きます。

・今まで縫ってきたもの
コースター、エコバック、Tシャツ、リネンコットンシャツ、
ストール、ワンピース、こども服、キルト


【ヌール・アル・ガザ(ガザに光を)プロジェクト】

2008.12,27から始まったイスラエルによる大規模な攻撃で、
パレスチナ・ガザ地区は大きな被害を受けました。
なかでも、乳幼児の栄養失調、子ども達の日常的なケア、
心理的なケアは深刻な状態で長期の支援が必要です。

これは、ガザ地区の封鎖による影響も大きく、
短期間の緊急募金だけでは改善できるものではありません。

私たちは、少なくとも2009年いっぱいは、
ガザへの募金を続けていきたいと思います。

10cm角の布に、

・あなたの絵
・お子さんの絵

などを刺繍いたします。

Tシャツ、バックなどお好きなものに縫い付けて
世界で1つだけのオリジナルに!
1枚につき500円から(上限なし。お気持ちでお願いします)
頂いた募金は2等分して2つの団体に全額寄付いたします。


<募金先>

・パレスチナ子どものキャンペーン
ガザ地区唯一の聾学校の支援を行っています。
ここでは、障害者の自立支援も行っています。

・NPO法人 地球のステージ
5年間ガザ地区南部ラファで子どもたちの心のケアをしています。
2009年1月15〜19日の間、桑山紀彦医師がラファの市立病院で医療活動を行っていました。


【オ・マ・ケのキャラメルコーン行商】

一人でも始められること。
家のフライパンでキャラメルコーンを作って、身近な人達に買ってもらい、
ガザへの募金を集めています。一袋の利益は100円。
2009年1月17日から始めて2週間で収益は1万円を超えました。

「くるしいじゃなく、おいしい、がいいい」

一人でもできること。
出勤前の30分でできること。
あきらめなければ小さいけれど何かはできる。

収益は上記の2団体に寄付させて頂きます。

コメント
Copyright (C) 2009-2010 1000PEACE All Rights Reserved.
このサイトの著作権は、すべて1000PEACEまたはその情報提供者に帰属します。
サイト内の文章画像等の無断使用は固くお断り致します。