スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

コメントはこちらへ☆⇒【 - 】

ダブル・ハート

 
 今回のミニ・キルトのデザインは、実は3月23日には決まっていて、24日には最初の1枚を縫っていました。
ガウチョスさんから電話が来る1週間前、震災から2週間後のことです。

真ん中の「ダブル・ハート」には、色々意味があります。

手前のハートは、被災地の人たち。
半分が透明なのは、空に帰った魂です。 もう半分は、傷ついて地上にある人たちの魂です。
そのハートを、もう一つのハートが、後からそっと寄り添って、支えています。
一緒に傾きながら、ね。
全体をマゼンダ(明るい赤紫)で縫ったのは、英語の「パープル・ハート」にひっかけて。
これは、「負傷兵」を意味する英語です。

このハートのようでありたい、と思っています。
そういう思いで、日々「むすびば」の受付コーナーに座っています。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

スポンサーサイト

コメントはこちらへ☆⇒【 - 】

この記事に対するコメント











コメント
Copyright (C) 2009-2010 1000PEACE All Rights Reserved.
このサイトの著作権は、すべて1000PEACEまたはその情報提供者に帰属します。
サイト内の文章画像等の無断使用は固くお断り致します。