スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

コメントはこちらへ☆⇒【 - 】

函館展示 エピソード5 「サダコ・デイのスピーチ」

函館最終日の10月25日は日曜日。
この日の午前中、教会によんでいただき、礼拝後にスピーチをしました。

なんと!
後で知ったのですが、明治16年に北海道で初めてできたプロテスタントの教会だそうです。

そして・・・
これも後で聞いたのですが、クリスチャンではない人が、礼拝堂で前に立ってスピーチをするのは、私達(高橋と小春日和オーナーの大野さん)が初めてだったんだそうです。

なんというか・・・後から知ってよかったです。
知ってたらあがりまくってたと思います。

10月25日は広島の「原爆の子の像」のモデル、佐々木禎子ちゃんの命日。
そこから話を始めて、「現代のヒバクシャ」であるイラクのガンの子ども達のこと、来年のNPTのことに話をつなげていきました。
拙い話に拍手をいただいて恐縮でした。

スピーチの後でたくさんの方が話しかけてきてくださり、キルトにさわってってくれました。
ギャラリーまで展示を見に来てくださった方々も。

古い由緒ある宗教施設で、何の地位もない平服の人間が人前にたって話をできるというのは、あまり機会のないことだそうです。
貴重な経験をさせていただきました。

緊張はしていましたが、終始落ち着いていられたのは、やはり「こどもたち」が守ってくれていたんだと思います。

コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

スポンサーサイト

コメントはこちらへ☆⇒【 - 】

この記事に対するコメント











コメント
Copyright (C) 2009-2010 1000PEACE All Rights Reserved.
このサイトの著作権は、すべて1000PEACEまたはその情報提供者に帰属します。
サイト内の文章画像等の無断使用は固くお断り致します。