スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

コメントはこちらへ☆⇒【 - 】

「平和の火」到着。

 
 12月15日の夜、小樽港に「平和の火」が到着しました〜!!

これは、福岡県星野村に保存されている火で、広島の原爆の残り火です。
毎年、夏至のキャンドルナイトに合わせて、若者たちが日本全国に火を運び、この火にまつわる物語を伝えています。 (この写真は今年の6月に運ばれてきたときのものです)

今回は冬至(12/22)に向けてのキャンドルナイト。
運んできたのは、なんと、高校2年生の女の子二人です!
彼女たちは和歌山県から福岡まで行って火を分火してもらい、その足で韓国へフェリーで渡って、韓国にいる被爆者の方たちに会ってきました。 そして、韓国からまっすぐ広島へ。 平和公園の中にある韓国人被爆者の慰霊碑の前で「採火式」をしたあと、フェリーで北海道まで火を運んできました。
なんて行動力。 なんとも頼もしい17歳ですね〜。

これから冬至をはさんだ期間(12/16〜26)、日本と韓国の各地で「日韓同時キャンドルナイト」が開催されます。 みなさま、どうぞ、お近くの会場にお出でください。
詳細は「キャンドルナイト・1ピース」のホームページをどうぞ(このブログからリンクでとべます)。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

スポンサーサイト

コメントはこちらへ☆⇒【 - 】

この記事に対するコメント











コメント
Copyright (C) 2009-2010 1000PEACE All Rights Reserved.
このサイトの著作権は、すべて1000PEACEまたはその情報提供者に帰属します。
サイト内の文章画像等の無断使用は固くお断り致します。