スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

コメントはこちらへ☆⇒【 - 】

共にある、ということ。


 私は、ディヤールをはじめ、「イラクのガンの子ども達」には、一人も会ったことがありません。

イラクにも、ヨルダンにも行ったことがないのですから、当たり前といえば、当たり前です。

それでも、間に人を介した形であっても、その子たちの闘病の過程に心を寄せ、死に涙し、関わりの深かった子どもの命日にはロウソクを点してきました。

私は子どもの頃、小児ガンだった従弟と共に育ったので、イラクの子ども達のことがとても近くに感じられるのです。
体や心の変化だけじゃない。 家族がどんな様子かも・・・あまりにもリアルに感じてしまう。

心情的に「他人事」にできないのです。

そんな「子ども達」の死がつらくて・・・自分自身の心をケアするために、亡くなった子ども達が遺した絵を刺繍して、キルトにし、子ども達の物語を語ってきました。

去年は、そのキルトを持って、アメリカまで行きました。

アメリカで出会った尼さんの一人が、私にこんなことを言いました。
「あんまり思いが強くて、抱えていると、仏さんが成仏できませんよ」

その後も、何人かの子どもの死に(間接的に)接してきましたし、やっぱりその度に、とても辛かった。
でも、去年の10月に「サブリーンの1周忌」が終わった頃から、何か、ふっと、ふっきれたように思うのです。

これからも、亡くなっていった子ども達のことを伝え、劣化ウラン弾によるヒバクシャをなくしてゆきたい、という気持ちに変わりはありませんが、無理に人に聞いてもらわなくてもよくなったというのか・・・
丁度、祖母の仏壇にお線香を上げるときのような感じですね。
毎朝、そうするのが当たり前。
思い出を語ることも、花を飾ることも、「日常」のことになったのです。

あの子達は、いつも共にある、と感じています。

ディヤールの絵のキルトは、いつかディヤールのママに手渡せたらいいな・・・今でも、そう思います。 いつか、機会があって、巡り会えたら・・・。
広い広いアメリカのどこに移住したのか、今は誰にもわからないのです。

もう、あまり人前で語ることはないと思うので、「記録」として、ディヤールの紙芝居と歌をこのブログにアップしておきます。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

ダブル・ハート

 
 今回のミニ・キルトのデザインは、実は3月23日には決まっていて、24日には最初の1枚を縫っていました。
ガウチョスさんから電話が来る1週間前、震災から2週間後のことです。

真ん中の「ダブル・ハート」には、色々意味があります。

手前のハートは、被災地の人たち。
半分が透明なのは、空に帰った魂です。 もう半分は、傷ついて地上にある人たちの魂です。
そのハートを、もう一つのハートが、後からそっと寄り添って、支えています。
一緒に傾きながら、ね。
全体をマゼンダ(明るい赤紫)で縫ったのは、英語の「パープル・ハート」にひっかけて。
これは、「負傷兵」を意味する英語です。

このハートのようでありたい、と思っています。
そういう思いで、日々「むすびば」の受付コーナーに座っています。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

布メッセージ

 
 イベント会場で、布に寄せ書きをする「布メッセージ」を集めました。

イベントの4日前にガウチョスさんから電話があって・・・
「被災地のこどもたちに、寄せ書きと言うか、なんかメッセージを送りたいんだけど・・・会場の皆さんに書いてもらって・・・紙の用意とか呼びかけとか、担当してもらえますか?」
この時点で、ガウチョスさんは、これまでの「1000peace」の活動については、全く知りません。白紙の状態。なのに、こんなどんぴしゃりのお願いが来るなんて!

なんというのか、神様はいるのかもなぁ、とか、テレパシーってあるのかもなぁ、と思いました。

前日の打ち合わせの時に、1枚、途中まで縫って持って行ったら・・・
「あれ? こんなに小さいの」
「今の現地の状況では、大きなものは持ってゆくと迷惑をかけます。これくらいなら、物資を持って行ったり、炊き出しをしたりする人がポケットに入れて持ち込めるので、託しやすいんですよ。
布だから、濡れても乾かせばいいし、紙みたいに破れないし」
「そうかぁ〜。 これ、明日は4枚くらいほしいなぁ」
「・・・・(笑顔で)いいですよ〜」

・・・というわけで。
その晩、縫い上げた4枚です。

嬉しいことに、子ども達、お母さんたちの書き込みで一杯になりました。
最年少は5歳の「ともか」ちゃん。
「テレビを見て、自分から手紙を書き始めたんです。私は、一度も字を教えてないのに。保育園で覚えてきたんでしょうかねぇ」 と、お母さん。
「じしんのしと がんばって ともかより」
ところどころ鏡文字になっている、メッセージ。
会場に入るなり、布を置いた机にまっすぐに向かってきて、「書いていいの?」って聞いたんです。
驚きました。 ともかちゃんの真剣な顔、忘れられません。

この4枚の布は、ガウチョスさんを通して、「ねおす」というNPOに託されました。
「ねおす」は震災直後から岩手県に入って、現地で支援活動を続けています。
現在、第7次隊を出したところ。
「ねおす」のブログも、毎日更新されていますので、ぜひご覧下さい。

みんなの思いが、少しでも、被災地の人たちを力づけますように。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

ネコと虹

 
 サブリーンのネコは、今日も人気者でした。

ベルギーに行くはずが、まだ札幌にあったっていうタイミングも、なんというか、意味があったんでしょうね。 すっかり現場で「癒しネコ」になっています。

あんまり聞かれるので、どうしてここにコレを貼ったのか、簡単な説明文を書きましたので、ご紹介します。

   「ネコと虹」
このネコを描いたのは、サブリーンというイラクの女の子です。
ガンで右目をとってしまったサブリーンを励まそうと、このキルトを作りました。
これを縫ったクミコさんが、甥っ子に、
「このネコちゃんに必要なものは何?」
ときいたら、真っ先に虹を描いたそうです。
虹は「明日にかける橋」。
心に虹をかけましょう。

    「The cat needs RAINBOW」
This cat was drawn by a girl, Sabreen, lived in Iraq.
We made this small quilt to encouledge her, she had only left eye because of cancer.
Kumiko, a quilter, asked her small nephew
”What do you think this cat needs?”
He said her
”RAINBOW!”
Now we need RAINBOW in our heart, I think.
”Like a bridge over troubled water”.

   
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

ラナちゃん@和歌山

 
 3月14日(月)の夜、思いがけない人から電話がきた。
和歌山県の高校生、深尾明加(ハルカ)さんだった。

ハルカさんは、去年の12月、冬至の「キャンドルナイト」のために、福岡県星野村にある原爆の残り火「平和の日」を、はるばる札幌まで届けてくれた人。
韓国在住の韓国人被爆者の方々にも会いに行っていて、その話を札幌や新潟でしながら、和歌山まで帰る旅をした。
そのことが、今年になってから北海道新聞の記事になったので、その新聞を送ったら、お礼の電話をくれたのだった。 記事のタイトルは「札幌のキルト」。 ハルカさんの「旅」を応援するために作った、寄せ書き用のキルトのことがタイトルになっていて、私の方がびっくり!
「電話で取材を受けたんです。 あの布のことは、めっちゃ話しました〜」
とハルカさん。 寄せ書きに書かれた、数々のメッセージが、今、高校生の彼女の「背中を押している」存在なのだそうだ。

「未来の世代につながる具体的な行動をしている人」
に贈っている、この「ラナちゃん」のキルト。
一人一人は小さいけれど、こんなふうに隣の人と手をつないでいったら、いつか地球を一周する輪になるんじゃないか・・・そんな思いをこめて縫っている。
絵の上に縫っているのは「エ・イワンケヤ?=お元気ですか?」というアイヌ語。
遠くにいても、こんなふうに声をかけあってゆきたいね。

今回の震災のことにも心を痛めているハルカさん。
「今、ここにいて、できること」
について、長い時間話し合った。 多感な十代の少女の、一途なやさしさ。 泣き声。
長期の避難生活を続ける子ども達にとって、若いお姉さん、お兄さんボランティアが遊んでくれることが、これから何ヶ月か後に大切な仕事になってくるよ、という話をしたら、彼女の声も明るくなった。

和歌山名産の「みかん」色をした明るいキルト。
ハルカちゃん! 私たちの手は、ずっと、つながってるよ! ありがとう!
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(1)

「シンデレラ」終了

 
 2月20日(日)
「シンデレラの宝石箱 vol.1」終了。
4日間で、本当にたくさんの方々に見て、触れていただくことができました。

「1枚のキルトに、たくさんの人が関わっていることが、とてもあたたかいと感じます」
という感想を寄せてくださった方が、何人もいらっしゃいました。
「もうすぐ引っ越すのだけれど、引っ越した先でこういうことをできたらいいなぁ」
とおっしゃっていた方も。

人の輪が広がった4日間。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

明日が最終日です。

 
 ・・・ということで、「シンデレラの宝石箱」展は、明日、2/20(日)が最終日です。
会場には「てつなぎキルト」コーナーがありますので、ぜひ、あなたも「1ステッチ」に参加してみてくださいね。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

5歳のお針子ボランティア

 
 会場では、いつも誰かがキルトに絵を描いたり、刺繍をしたりしてくれています。
アクセサリーやあみぐるみなどを展示・販売している方々が、「一針ぬってもいいですか?」と言ってくださって、自分のブースに座りながら、ちくちく・・・。 さすがに皆さん上手!

今日は、子ども達も参加してくれました。
何人か絵を描いてくれたのですが、これは5歳のみずきちゃんの絵。 アヤ・ハイサムの絵を見ながら、まねして描いて、なんと、自分で縫ったんです。 幼稚園でも縫い物をしているそうで、5歳なりの「慣れた手つき」でした。

縫いながら、みずきちゃんから質問が次々出てきます。
「アヤちゃんは、なんの食べ物がすきだったの?」
「きょうだいは?」
「どうして死んじゃったの?」
「天国では、何をしているの?」
・・・などなど、止まりません。 きっかけは、去年と今年のチョコのカードを見て、アヤの顔を見たこと、そして、兵士の写真を指差して「戦争してるの?」と聞いてきたことです。
ありのままに答える私。 情報が伝わってきていないことは、「わからない」と正直に伝えます。
最後の「天国では、何をしているの?」という質問には、逆に「何してると思う?」と聞き返してみました。 彼女の答えは「みんなを見守ってるよ」。

かつて、サブリーンが亡くなった時、お別れのメッセージカードに7歳のほのかちゃんが同じことを書いてきました。 「サブリーンちゃんはみまもっているから、ときどきほしにてをふってみてね」と。
これは、サブリーンを失って、悲しみの淵にはまりこんでいた大人たちみんなへのメッセージでした。

イラクでは、幼い子どもが亡くなると、天国で小鳥になるのだと言われています。
そうして、きれいな声で鳴くんです。 「お父さん、お母さん、悲しまないで。私は天国で鳥になりました」 と。

こどもたちは、みんな天使ですね。

5歳の「お針子ボランティア」さんも、やっぱり、天使ちゃんなのでした。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

チョコ完売

 
 2月19日(土)
「えんじぇる☆キラッと」さんの展示会場にて、チョコ募金完売、終了!
最終日を待たずに、なくなりました。

やっぱり最後まであったのはAB型でしたが、「私A型。半分入ってるから〜」と募金してくださった方も・・・。 ありがとうございます。

O型のカードの中には、2人の女の子の写真が使われていて、1人は、在りし日のアヤ・ハイサムでした。
会場でアヤのキルトに絵を描いてもらっていたので、「この子だよ」と写真を見てもらうことができました。 アヤ・ハイサムの写真が出ている資料って、ほかにはなかなかないですから。

中身のチョコが「六花亭」というのは、やはり、かなりの強味ですね。
「JIM-NET」や、イラクの現状は知らなくても、「六花亭」のお菓子を知らない道産子・女子はいないのでは・・・?!
こうして、企業として医療支援に協力してくださっている六花亭さんに、改めて感謝、です。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)

「愛」の天使

 
 会場では、「あなたも1ステッチしませんか?」と呼びかけて、キルトに絵を描いたり、刺繍に参加してもらったりしています。
絵のテーマは「愛」。

アヤ・ハイサムのキルトに「エンジェル☆キラッと」の天使を描いてくれました。
その場で、ちくちく・・・完成。
アヤに捧げる「愛の天使」です。

アヤ・・・天国のアヤ。
君の周りには、天使がいっぱいいると思うよ。
この天使も仲間に入れてちょうだいね。
アヤ。
コメントはこちらへ☆⇒【 comments(0)
Copyright (C) 2009-2010 1000PEACE All Rights Reserved.
このサイトの著作権は、すべて1000PEACEまたはその情報提供者に帰属します。
サイト内の文章画像等の無断使用は固くお断り致します。